ホーム > 教育体制 > 活動と実績

活動と実績

委員会活動

透析医療施設に勤務する看護師が施設間の格差がなく、同じレベルで看護実践ができ、業務が円滑にできるよう委員会活動を実施しています。

平成29年度委員会活動実績

院内感染防止委員会
  1. ノロウイルスの手洗い・インフルエンザの医療器具の消毒時間を見直し改訂する
  2. 感染対策を徹底するため、チェックリストを見直し観察ポイントを明記し施設ラウンドを実施する
  3. 施設ラウンド後の結果より、各施設において感染対策の不徹底を改善する
  4. 穿刺ワゴンのハリクイの置き場所・ワゴンの改良を推奨し、清潔・不潔の観点の取り組みを推進する
  5. 院内感染対策の職員・患者の啓蒙教育を強化する(手洗い講習、ノロ吐物処理)
  6. 研修参加者からの情報を共有し、委員の役割を学習する

教育委員会
  1. 院内教育プログラムに沿った研修を実践する
  2. クリニカルラダーレベルT-1・2、U-1・2・3、Vの研修を実践し、看護師の能力を向上する
  3. クリニカルラダーレベル対象者以外の研修を実践し、看護職員のキャリアアップを図る
  4. チーム医療を推進するため臨床工学技士、管理栄養士、医療相談員参加の多職種協働研修を実施する
  5. 効果的なグループワークを行うためファシリテーターを活用する
  6. 新入職者育成の充実を図るため、プリセプターシッププログラム(改訂版)に基づく教育を周知する

業務委員会
  1. 透析業務マニュアル全般を見直し、改訂版データーはWordからExcelに変更する
  2. 抗凝固剤プレフィルド化及びダルテパリン導入に伴い、死腔分を換算しない初回投与量に統一し改訂する
  3. 171災害伝言ダイヤル訓練体験を2回/年実施し、災害時スムーズに対応できるよう取り組みを推進する
  4. 看護業務に使用する物品が、安全に使用できるよう物品等の見直しをする
  5. 看護業務が、効率的・効果的に実践できるよう物品等の情報交換をする

リスクマネジメント委員会
  1. インシデント報告書の集計・RCA分析を実施し対策を共有する
  2. チーム医療を効果的に発揮するコミュニケーションツール「SBARカード」活用や「チェックバック」を推進する
  3. 医療安全推進月間・週間のスローガンを挙げて、広報・教育活動を行い、医療安全の推進を支援する
    1)医療安全推進月間「回収時、抜針前まで薬剤・検査を実施の上、レ点チェックを必ずする」
    2)医療安全推進週間「徹底しよう!指差呼称」
  4. インシデント報告分類コード(改訂版)を適正に使用できるよう支援する。
  5. 医療安全管理室との連携を図り、委員の役割を遂行する

看護記録委員会
  1. 看護記録記載マニュアル(データーベース用紙及び手引き)を見直し改訂する
  2. 患者参加型看護計画マニュアルの一部改訂と患者参加型看護計画導入時のSOAP記載例を作成する
  3. 看護記録委員が正しく監査できるよう「看護記録監査の視点」に基づき評価者訓練を実施する
  4. 看護記録監査を2回実施し、看護記録監査の課題を検討する
  5. 看護記録の情報を共有し、委員の役割を学習する

院内研究発表について

透析看護のレベルアップをめざし、毎年、院内研究発表会を開催しています。

新宿石川クリニック
Aチーム
看護実践の時間を確保する試み
〜患者参加型看護計画導入に向けて〜
新宿石川クリニック
Bチーム
高齢患者と関わる他職種との連携
新宿石川クリニック
6階チーム
血液透析導入期患者への指導の有効性
新宿石川クリニック
外来
糖尿病教室5年の歩み
〜患者と共につくってきた参加型教室〜
日比谷石川クリニック
透析患者の最優先課題の分析とセルフケア確立にむけた相談的アプローチ看護援助
新橋内科クリニック
災害に対しての意識調査
板橋石川クリニック
動画で観る 導入期患者の指導
〜誰でも分かるDW指導を目指して〜
国領石川クリニック
イラストでわかるパンフレット作成を試みて
― 高齢者にもわかりやすい導入期指導 ―
横浜中央クリニック
患者参加型看護計画の質の向上を目指して
〜透析安定期の患者への関わりを通して〜
川越駅前クリニック
医療用粘着テープとスキントラブルについて
〜医療用粘着テープの有効な選択肢〜
大宮西口クリニック
バスキュラーアクセスの情報共有
〜シャントマップの作成〜
ページトップへ