ホーム > 教育体制

教育体制

看護部理念

信頼の絆を基盤とした温かい看護を目指します

看護部方針

  1. 思いやりのある心のこもった看護を提供します
  2. 透析を受けながら、その人がその人らしく生活できるよう支援します
  3. 病気と共存する逞しさを共に学びます

看護部目標(平成28年度)

1.個別性のある継続看護を実施する

  1. 全患者の受け持ち制を実践し、個別性のある看護を提供する
  2. 患者参加型の看護を充実し、継続看護を実践する
  3. 看護記録記載マニュアルを活用し、看護記録を充実する
  4. 看護記録監査を定期的に行い、看護の実践を確実に記載する

2.医療安全を推進し、安全で質の高い安心できる看護を提供する

  1. 施設の医療安全管理体制の機能を強化し、医療安全を推進する
  2. チーム医療の連携を強化し、安全で質の高い看護を提供する
  3. Team STEPPSを活用し、チーム医療を推進する
  4. 職員および患者の啓蒙教育を推進する

3.専門職として自律した看護師を育成する

  1. クリニカルラダーに基づき、段階的教育を実践し、看護師の臨床看護実践能力を開発する
  2. 目標管理を行い、看護師のキャリアアップを図る

4.生き生きとして働き続けられる職場環境をつくる

  1. ワークライフバランスを推進できる職場をつくる
  2. 新看護必要度に基づき、適正な人員配置をする
  3. 看護師の定着に努める(離職率17%/年とする)
  4. 有給休暇取得は、13日/年とする

5.施設経営に積極的に参画する

  1. 看護職員一人ひとりが、施設経営を理解し、自己の役割を果たす
  2. 適正な透析ベッド管理を行う(目標稼働率63%とする)
  3. 外来診療を充実させ、増収を図る
  4. コスト意識を持ち、適正な物品・薬品管理を行う
ページトップへ